2009年2月25日水曜日

赤い手の続き、その名は「戦の鱗片」!

大好評だった「赤い手は滅びのしるし」。
実はこれ、海外ではDungeon誌に連載の形で続編が作られてたりするんですが。

その第1章を翻訳・投稿してくれた人がいますよ!
Al Surさんありがとう!

 本家>4thVault>An Adventur からダウンロードせよ!

ちなみにいただいた訳をいしかわがレイアウトとかしてます。
こないだアップしたアイコンのフォントが使えてちょっと嬉しい(笑)。

ときどきマップが90°回転してたりするのは仕様です。
ええ仕様です。
 【聞く耳を持たない形相で】


冒険は懐かしのブリンドルからスタート。
かなり丁寧な導入ガイドとかコラムがついてて「4eの遊び方を提示しよう」ってデザイナーの意気込みが感じられます。

読んどけ!

2 件のコメント:

鯛足烏賊 さんのコメント...

素晴らしいですね。こうやってアドヴェンチャー・パスを遊べる時代が来ようとは思いませんでしたよ。

ところでこのシナリオは無料でダウンロードできる範囲ですので、元ファイルをリンクしちゃっても大丈夫ではないでしょうか?

http://www.wizards.com/default.asp?x=dnd/duadp/20080711


(◇ω◇).。oO(Al Sur さんは次も翻訳してくれるのかなぁ…、ハァハァ

いしかわ さんのコメント...

お、なるほど。
向こうの方に追加しておきますねー。>リンク

そして、続きもやってくれるみたいですよ?と無責任なことを言ってみたり。


あ、シナリオ本体、いくつかエラーがあるんで近々訂正版を出しまするー。
正直スマンかった。