2018年10月14日日曜日

【月刊レムレイ】悪の心臓部にて【PFシナリオ】

今月の月刊レムレイ。

悪の心臓部にて
K. Axel Carlsson著
http://dnd.achoo.jp/4thcage/pathfinder/pf_top.html#scenario
6-8レベル・キャラクター4人向け
元シナリオ:元シナリオ:https://www.paizo.com/products/btpy8j2v?At-the-Heart-of-Evil

10年ほど前のこと。
ケレノール領の男爵は、戦地で妻子の死の報を聞き、正気を失った。
その男爵の元に訪れた死霊術士アジーローは、男爵にこうささやいた。
「あなたが私を助けてくれるなら、あなたは家族を取り戻せるでしょう」
程なくして、男爵領は建国以来、最も暗くおぞましき期間を迎える。

おぞましき統治の正体に気付いた陽星騎士団のパラディンたちは軍を派遣し、おぞましき呪いは除かれた。砦とその城下町は平穏を取り戻したのである。

しかしそのとき、すでに不穏の種は播かれていた。
悪意が芽吹き、黒い意志を結実させたとき、砦は再び呪いの中心となる……。
ケレノールの古砦に潜むものの正体は

話の流れといいイラストといい、ものっそいオールドスクールな感じのするシナリオです。
例えばこんな。

導入とかはあっさりながら、背景と本編のバランスがいい感じ。
6-8レベル向けってことになってるけど、最近のサプリ全入れとか手練れのPLさんだと6レベルくらいでちょうどいいかも。
7レベルとかだと歯ごたえがない恐れがあるので、敵をアドヴァンスするか数を調整すると良いかも。

レムレイさん毎月ありがとう!

2018年10月7日日曜日

【PFプレイレポート】多島海の海賊王 第18話 古き神と古き魔女

『多島海の海賊王』はゆずるGMのもと、月1でやってるパスファインダーのオリジナル世界でのキャンペーン。
現在レベル7。

船長 デニックス レンジャー PL扇
主計町 アレクサンドラ ハーフエルフのアルケミスト PLL-Heart
航海長 ライルニス エルフのウィザード PL備前屋
砲術長兼船医 アマータ ハーフエルフのクレリック PLうら
書記 ソモサン モンク PLほりび
帆布長 カガン ノームのドルイド。そろそろドルイドの性能に限界を覚えつつある PLいしかわ


4/24
いつもどおりハイド・キャンプサイト呪文下で野営した翌朝。
早朝から男二人組がやってきて、背負っていた鍋を下ろして料理を始める。

カガン「……なんぞこれ。こっちが見えてないのは見えてないっぽいけど……」
デニックス「まあ、この島歩いてるってだけで相当怪しいけどね!」

2018年9月4日火曜日

【AP投稿】War for the crown 全章訳!【PFシナリオ】

初登場、ヨウコさんのご投稿。
War for the crown 全章の翻訳だよ!

War for the crownはAPシリーズ第22弾として昨年発売されたキャンペーンシナリオで、パスファインダーの舞台である内海地域の大半を支配していた大帝国にして、いまや凋落の一途をたどる「眠れる獅子」タルドール帝国を舞台とした6部作だ。

過去の栄光と腐敗に満ちたタルドール。暗君と名高い皇帝スタヴィアン3世には嫡子がおらず、佞臣を侍らせながら、誰も信用することができない宮殿で孤独な夢想に耽っている。
一人娘のユートロピアは父に代わって帝国を立て直そうと活動するが、猜疑心に捕われた父には謀反の兆しと捉えられつつある。帝国を支えるべき貴族達は私利私欲に走る者、帝位を狙う者、さらにはシェリアックスと内通するものまでさまざまに、帝国の足を引っぱり続ける。東の大国カディーラはいつ兵を差し向けてくるかわからない……

タルドールのステキな国情についてはロール&ロール誌166号で確認いただくことにして、この混沌としたタルドール帝国での宮廷劇、陰謀劇を扱うのがWar for the crownキャンペーンというわけだ。

シナリオ#1はぼくらの帝王スタヴィアン3世のステキな笑顔がお出迎え。

今回ヨウコさんのご投稿は、このWftCシナリオ#1~#6を、それぞれ抄訳したファイル集だ!

※passあり:要元ファイル。リンク先に販売サイトへのリンクあり。

paizoの販売サイトでも評価の高い当シナリオ、ぜひ遊んで落日の帝国の切なさにどっぷり浸りつつダメ貴族のだめっぷりにガチ切れして欲しい。
いや、ホントいいシナリオだぞ!
いいからダウンロードしとけ!

ヨウコさんありがとう!

2018年8月8日水曜日

【月刊レムレイ】縁を越えて【PFシナリオ】

さあ、DAC2018のプレイヤー卓割りも発表になった!
あとは遊ぶだけだ!

ということで、レムレイさんのご投稿-。

縁を越えて
Will McDermott著
http://dnd.achoo.jp/4thcage/pathfinder/pf_top.html#scenario

元シナリオ:http://www.wizards.com/dnd/article.asp?x=dnd/ch/ch20010430b

ウレク公国の首都トライアングリーの商人達がロートミル山脈を切り開いて作ったヴェルボボンクとの交易路には、ここ数ヶ月、マンティコアの出没報告が相次いでいる。先月、商人達は冒険者の一団を雇って退治に行かせたが、彼らは未だ戻らない……
PC達は交易路に向かい、商人達の脅威を討ち滅ぼし、可能であれば冒険者達を救う任務に就く。

シナリオには「9レベル・キャラクター用の短い冒険だ。この冒険はウレクとヴェルボボンクの間に新たに確立された交易路にあるロートミル山脈を舞台としている」とあるが、崖がある山道ならどこでも組み込めるでしょう。
例えばアブサロムの北の山道とかは他のシナリオにも使われてるけど、たぶんそのまま行けるんじゃないべか。


レムレイさんからは
「9レベルともなれば、地面が上にも下にも100フィート先にしかない絶壁をロープで降りている最中にシナリオ既定でフライヤー4体から遠隔攻撃を受けたり縄が食い千切られたりすることなんて日常茶飯事ですよね」
との力強いお言葉が添えられてるぞ! 

まあ、日常茶飯事だよね! 
なあコーデル

クリフハンガーシナリオにしてはプロットがそこそこ入り組んでて面白い。
中レベル帯で銭湯が足りないな-なんてときにちょっと思い出して使ってみよう!

レムレイさんありがとう!

2018年6月8日金曜日

【PF】多島海の海賊王 第17話 ブラックプディングの池の水全部抜く

『多島海の海賊王』はゆずるGMのもと、月1でやってるパスファインダーのオリジナル世界でのキャンペーン。
現在レベル6。

船長 デニックス レンジャー PL扇
主計町 アレクサンドラ ハーフエルフのアルケミスト PLL-Heart
航海長 ライルニス エルフのウィザード PL備前屋
砲術長兼船医 アマータ ハーフエルフのクレリック PLうら
書記 ソモサン モンク PLほりび
帆布長 カガン ノームのドルイド PLいしかわ

4/12
竜絶蘭を求める旅は続く。
島の西側に移動しつつ蘭を探していると、森の中にタールのように黒い池が見つかった。

2018年6月5日火曜日

【月刊レムレイ】鮫の餌だ!【PFシナリオ】

夏だ! 海だ! 
そして、海と言えば!?

鮫だ!

ということで、今月の月刊レムレイは鮫シナリオ「鮫の餌だ!」でお送りいたします。
(画像まちがい)

海沿いの村モックドレヴは成長を遂げるにつれ、近くのサフアグンの部族と対立するようになって以来、漁場には時折サメの群れが現れるようになり、釣り船が沈められることさえあった。
そんな中、村の守り神として崇められていた女神セコラの木像が盗み出され、村人たちの中にはセコラの怒りをなだめるために船を出すのをやめようというものまで現れている。
PCたちは石像を取り戻し、村に平和を取り返すことができるのか。


http://dnd.achoo.jp/4thcage/pathfinder/pf_top.html#scenario

※元シナリオ http://archive.wizards.com/default.asp?x=dnd/ch/20020211a


ネタバレになるのであんまりいえんけど、3.0eからPFへの過程でいろいろルールが無くなってたせいであるNPCがアレ一発で即死するとかゆかいなことになってるもよう。

ドンマイ!


レムレイさんいつもありがとう!

さあ、今年の夏は鮫だ!

(画像まちがい)

2018年5月21日月曜日

【PF】多島海の海賊王 第16話 帰ってきた赤竜 

船長 デニックス レンジャー PL扇
主計町 アレクサンドラ ハーフエルフのアルケミスト PLL-Heart
航海長 ライルニス エルフのウィザード PL備前屋
砲術長兼船医 アマータ ハーフエルフのクレリック PLうら
書記 ソモサン モンク PLほりび
帆布長 カガン ノームのドルイド PLいしかわ

4/1
海賊評議会招集の日。

デニックスが赴くと、評議会室には評議員全員が緊張の面持ちで集まっていた。
いつもは遅れて会議場に入室するラケシスも、今日は珍しく席に着き、玉座の肘木をいらいらと小刻みに叩いている。
それとは対照的に、ラーディカがいつもの落ち着いた様子でラケシスの横に立っているが、これは幻影か映像だろう。なんせ、いまは真っ昼間だ。

時間になると同時に扉が開き、東方風の派手な衣装に身を包んだ男が断りもなく部屋に入る。
書状を捧げ持った豹頭の男は、ぴんと背筋を伸ばし、掌が常人とは逆向きについた手に捧げ持っていた書状を、時代がかった所作でばさりと広げた。


「ら……ラークシャサだ。」
列席した評議員の誰かがうめくように漏らす。

「さてもさても、評議員の皆様方にはご機嫌麗しゅう。わが主人にして御国の真の支配者たるヴェストラ・ラナシオン様より下されました親書をお伝えいたします。ご静粛に傾聴頂きますよう」

2018年5月6日日曜日

【PF】多島海の海賊王 第14話&第15話 西の遺跡に潜むもの 

第14回&第15回

船長 デニックス レンジャー PL扇
主計町 アレクサンドラ ハーフエルフのアルケミスト PLL-Heart
航海長 ライルニス エルフのウィザード PL備前屋
砲術長兼船医 アマータ ハーフエルフのクレリック PLうら
書記 ソモサン モンク PLほりび
帆布長 カガン ノームのドルイド PLいしかわ

6レベルになりながらもぱっとしないドルイド魔法と、ノーム故のもともとの身体能力(特に【筋】)の低さに変身してもあんまり有効じゃないあたりで煩悶しつつ冒険を続けるカガン。

カガン「俺、種族変えちゃダメか? ハーフオークとかに」
GM「いくら自由度高いキャンペーンっても、さすがにそれはないわwww」

ですよねー。
ぐぬぬ。


2/14
前回に引き続き、ハグのいた山を平定のため捜索中。
日が変わる直前くらいに、我々のキャンプ地に何者かが近付いてくるのに気がつくところから今回の冒険はスタートする。